どんな家なら大丈夫?

家のサイズは関係ありません。そもそも、一定の条件を満たしていれば、仲介は受けられます。名古屋市内に対応した紹介所であれば、特に問題なく、家政婦に来てもらえます。ただし、交通の便が悪い場合は、バスや電車など、交通費を実費で支払う場合もあります。

あなたの家に対する価値観と、家政婦の価値観は異なります。彼女らに出す指示は、なるべくピンポイントにしましょう。相手の方が考えやすい状況を作りましょう。一般家庭で家政婦を呼ばれる場合は、仲介所の担当者の話をしっかり伺いましょう。

何があってもいいように、すべからく準備を整えておきましょう。掃除や洗濯に留まらず、家政婦には様々なサービスをお願いできます。その家政婦が得意な分野の仕事をお願いしましょう。

ホームセキュリティを整えておられる方は、警備会社に連絡を入れましょう。そうしないと、警備会社に通報が入り、大変なことになります。セキュリティロックの解錠が面倒なら、指定日はロックを解除するなど、柔軟な対応をしましょう。

名古屋市内の邸宅にお住まいの方は、人の出入りにご注意ください。特に、お客様が多く来られるお住まいなら、家政婦に対する口止めも必要でしょう。なるべく、信頼できる人のコネや口利きを作りましょう。