家政婦に頼めること

家政婦は、「何でも」行う仕事です。家政婦登録をされる前に、仕事内容の把握をしましょう。特に子守りを兼任する家政婦が多く、介護を行うケースもあります。家事や掃除のみ行う方は、週1日や2日、働かれます。

家政婦には、基本的な業務を頼みましょう。目安としては、軽作業が中心です。基本的には、体の弱い方やお年寄り、小さなお子様など、人の助けが必要な仕事を頼みましょう。家政婦のサービス内容は、各仲介所にてご確認下さい。

家政婦になる方は、さまざまな状況を想定して動きましょう。そのうえで、作業効率を考えましょう。家政婦として頼まれごとを引き受ける前に、日常の家事全般に習熟しましょう。一つの物事を正確に仕上げられる方に、この仕事は向いています。

いい加減な依頼であっても、全力でお答えするのが家政婦です。家政婦に依頼を出すときは、1つの業務のみお願いしましょう。時間が経つごとに、相手との信頼関係が生まれます。一つずつ、地道に業務をこなせる家政婦に依頼しましょう。

人によって家事に対する考え方は異なります。そのため、仲介所では家政婦の質を保つ研修が行われています。大手仲介所に連絡を取ることで、家政婦の実績や信頼性をご確認頂けます。