どんな人がオススメ?

まず、マメな人が良いでしょう。次に、清潔感のある方、最後に自分の仕事に責任を持てる方です。家政婦は細々としたところまでチェックする仕事です。もちろん、誰もが気にする箇所の掃除も行います。ポイントは、基礎基本に則り、着実に仕事を進められることです。

家政婦の適性は、そう厳しくはありません。体験という形で働く事も可能です。オススメと言えば、小売店で働かれた経験がある方です。小売業は多くのものを扱いますので、それぞれのものの役割をイメージ出来れば、その技術を家政婦としての仕事に応用できるでしょう。

冷静な思考力を持ち、今できることに専念できる人が、この仕事に向いています。考えを広げず、テキパキ働きましょう。実際に働いてみれば、この仕事の大変さが良く分かるでしょう。一番重要なことは、視野を広げることです。

研究熱心な方や、こだわりの強い人は、ご注意ください。この仕事は、完璧で丁寧な仕事が出来れば十分です。あまり細部にこだわらずに、次の仕事に移れる方に向いています。ただし、仕事に手抜かりがあってはいけません。

あなたの技術が、評価に直結します。高い技術をお持ちの方は、どこに行っても重宝されるでしょう。一度見につけた技術を使って、多くのお客さんに満足してもらえる家政婦を目指しましょう。