家政婦に対する態度

家政婦は、依頼者の家を掃除されます。満遍なく掃除をされる方もおられますし、そうでない方もおられます。この時、家政婦が満たすべきことは依頼人の心理を把握して、適切な振る舞いをすることです。あなたに忠実な家政婦を選びましょう。

家政婦は、メイドではありません。雑事を申しつける時も、敬語で話しましょう。家政婦に対する態度は、それほど気にせずとも大丈夫です。ただし、相手の事を考えることが必要です。どんな依頼人なら信頼してもらえるかを考えて接しましょう。

部屋を留守にしている間に、家政婦に家事などを依頼される方は、時間内で終わる範囲で留めましょう。延長料金は高くつきますので、ご注意ください。基本料金から、月割りの料金を求め、毎月の出費を試算しましょう。

家政婦を依頼される方は、紳士淑女の態度を取りましょう。本来、上流階級の家庭で用いられていた家政婦は、現代では一般家庭でも依頼が可能となりました。しかし、その実態は昔の流れを汲んでいます。くれぐれも、失礼の無いよう気をつけましょう。

家政婦は、家事のプロフェッショナルです。しかし、彼女らにもできないことはあります。依頼を出す前に、それが家政婦向きの仕事であることをご確認下さい。