どの家政婦なら安全?

家政婦は、依頼人のために仕事を行います。そのため、依頼人とのトラブルが犯罪に発展するケースがあります。日本においてはほぼ考えられませんが、家政婦による窃盗の可能性もあります。家政婦の派遣は、信頼できる会社に依頼しましょう。

家政婦は、基本的に契約を順守して働かれます。家政婦に文句を言うのではなく、仲介所にクレームをつけましょう。その方がトラブルを避けられます。相手も人間です。きつい口調で物事を話す事はやめましょう。

家政婦に対し、横柄な態度をとってはいけません。相手のあなたに対する印象が、仕事結果を決めるポイントです。良い依頼人なら、相手の方も安心して働きたいと思われますし、お互いリラックスした関係が築けます。

仕事を依頼する時は、彼女らを女性として尊重しましょう。女性に対する態度は、飽くまでもお上品にしましょう。家政婦は、単純作業の繰り返しを行う仕事です。諸外国と日本では価値観が異なりますので、昔のやり方を重んじましょう。

家政婦は仲居さんではありませんので、過度な期待をしてはいけません。しかし、最低限のサービスはしっかりと行ってもらいましょう。相手に対する態度を改め、常に礼儀正しく接しましょう。明治大正期のお手伝いさんに対する態度が、一番無難でしょう。