週何回依頼すべきか

家政婦サービスはいつも同じ方が担当されます。そうしないと、家の細かい配置やものの並べ方、その家のルール等が分からなくなるからです。同じ方に来て頂ければ、その心配もないでしょう。

家政婦に依頼できる上限は、その方によって異なります。条件が合えば、その家に住み込み、仕事をすることも可能です。その場合は、朝食や夕食の用意、居住スペースの確保が必要です。明治時代の小間使いをイメージしましょう。

週3日以上依頼する場合は、家を留守にすることもご考慮ください。特に長期の旅行に出かけられる場合は、家のカギを渡されることも想定しましょう。信頼できる家政婦を選ぶことが重要です。

家政婦を頼られるときは、あくまでも補助として考えましょう。人間の筋肉は、日々トレーニングすることで、その機能を維持できます。他の方に頼らず、ご自身でもできることを探しましょう。特に、料理はご自身で行ったほうが良いでしょう。

経済的に余裕がある方は、頼む日数や時間を多めにしましょう。そうすれば、家政婦さんも多くの収入を手にできますし、あなたの手間も省けるでしょう。ただし、全く家事を行わないと、人生経験が積めませんので、限度を守りましょう。