家政婦は大変な仕事

毎週のように同じ家で掃除や洗濯を行い、もらえるお給料は人並みで、仕事内容は常に同じ、これが家政婦です。テレビドラマのように、スペクタクルな展開はありませんし、2つの家を行ったり来たりする生活です。決して悪いものではありませんが、個人の考えは主張できず、ストレスも溜まります。人に善意で尽くしたいという方に、おすすめの仕事です。

家政婦は、肉体的にも精神的にも、大変な仕事です。家政婦になるまでには、それなりのトレーニングが必要です。現代は物が多い時代です。一昔前の常識が通じないことも多いでしょう。家政婦になる前に、給湯器や水道の扱い、セキュリティの利用法やパソコン関係の知識を身につけましょう。

家政婦を雇うときは、彼女らの心身を気遣いましょう。いつも気丈に振舞われている方も、内心では疲れを感じておられます。仕事が終わった後に、お茶をお出しするなど、労をねぎらうことが大切です。

日本においては、お手伝いさんという概念が普及しています。これは、江戸時代の武士階級の家において、広い屋敷を効率よく活用するために用いられた制度です。現代日本においても、家政婦はお手伝いさんとしての役割を求められます。主な職分を自覚し、精一杯努力しましょう。